非常勤を通して変わった常々

先月の頭から料理ワークショップのバイトをはじめました。

ちっちゃな表通りの料理ワークショップなのですが、肝要の分量は数多く連日おおわらわになって働いています。

ぼくは主にポテトサラダを組み立てるエリアにいるのですが、連日ポテトサラダの美味しそうな香りの中で働いてるので、絶えず胃腸がグーグーいって要るような状態です。
取ることが大好きなぼくは、ここのバイトになれば余った料理の「おこぼれ」を
いけるんじゃないかと期待していましたが、大抵はパーツの中年たちが独占してしまい、自分に回って訪れることは僅かだ。
も、佐々木ちゃんというパーツの中年は私の夫人の仲良しのやつですので、いつも私のことを気にかけてくれ、佐々木ちゃんがいるときは私の食い分を取っておいてくれるので絶えずサンキュー。

肝要は思い切りハードですので、最初の数週間はやめようかなと思ったりもしたのですが、ワークショップで作ったポテトサラダがスペシャルの料理末端に並んでいるのを見ると、「あぁ本人はこれを作ったんだ」となんか歓喜のようなものを味わえますし、物品を手に取って得るお客様にありがとうと謝意を言いたくなったりして、ここのバイトを通じてから、動く事のメリットや良心などが少しは芽生えたような気がします。

また、バイトを始めたことである脱皮もありました。
私の夫人は毎日のようにスペシャルでこういうポテトサラダを買ってきて、家族みんなで食べたりすることがよくあります。そうすると自然と「今日はバイトどうだった?」など、ぼくがバイトやる前よりもチャットが増えたりして、これはささいな結果ありながらも大きな変化なんじゃないかとしてある。

引き続き感じ取ることもたくさんあり、不器用なぼくは連日怒られてばっかりなのですが、物品を手に取ってくれる皆さんの面持ちを思い浮かべると、「がんばんなきゃ」と思いが湧いてくるのでがんばれます。

そうして、今一つ番に目指しているのは、連日ミスの無い運営をすることです。
毎度、なんらかのちっちゃな見逃しを出してしまうのでそれを一切潰すことが当面の狙いだ。
また、運営的見逃し以外にも、メッセージがきちんと行き届いてなかったりする型式の見逃しもあります。
運営的見逃しは自分一人の問題であることが多いのですが、メッセージ的見逃しは同士との連絡の問題で、私の苦手な科目になってしまいます。
まだまだ不慣れなことも意味のひとつですが、一概に同士って連携して頑張っていきたいだ。誕生日にケーキを宅配したい

TVを観て、又もや思った所作

以前、昭和の名曲を取り上げた歌TVを観ました。

断然対象もなく、どうしてもつけたTVを漠然と眺めていたら、「山口百恵特集」が始まり、身はすぐに奴隷に。
「百恵ちゃん」は身にとっては特別な立場。いわずと知れた昭和のスターは、本当に同年代。森昌子・桜田淳子と並んで「花の○○トリオ」というおんなじ年代を生きてきたのです。女房たちと共にジェネレーションを重ねてきた存在としては、原則手の届かないモデルでありながら、勝手に身近な立場として心配りさせて受け取る不思議な立場でした。特に身が心惹かれたのは、山口百恵。デビュー当初は、ういういしいながらも演歌芸人として抜群の熱演力を誇る森昌子、ギンギンしたモデル気分満載の桜田淳子に比べると、やや効力に欠ける上がり所だったように思います。それがすぐれた楽曲に巡り合ってからはつぎつぎあか抜けてきて・・・。
現下、歌TVで他の芸人が百恵ちゃんの曲をカバーしているのを聴いてガックリできるのは私だけでしょうか?
甚だ上手な歌い手の熱演も、満足させられることはほとんど有りません。当時はサラッと歌っているように見えたので気付きませんでしたが、本当は女房は素晴らしい熱演情熱の持ち主だったのだと痛感させられました。曲も熱演するビジュアルも、何もかもが美しくて、「山口百恵」なのです。
百恵ちゃんが素晴らしいのは、そのライフスタイル自体もです。
首席ナンバーワンという位置づけを惜しみなくかなぐり捨て、自分が信じ、かわいがりた人物とのルートを選んだことです。当然、オーディションTVから大成上がって得た芸人という本業、またそれを応援してくれる人達を想う気持ちは強かったことでしょう。但し、ほんの僅かな人だけが手に入れられるナンバーワンの位置づけなど、自分が一際大切にしたい物品の予行では、どうということのない事例だったのかも知れません。三浦友和という男子と永遠を互いに講じるルートを選び、引退、嫁入りという、徹頭徹尾ブレずに決めたルートをあゆむ。百恵ちゃんが引退・結婚したのは21年。
当時教え子で後々も決められず、ちょい浮ついた興奮だった身には衝撃的なことでした。同い年の女房が芸能界で唯一無二の立場として、その身分をスッキリ捨てて、愛する人物との新しいライフスタイルを選ぶ・・・。そうしてスターを受け止めた友和くんも、本当に立派だと思いました。
嫁入り帰路、そうして母さんになってからも随時雑誌になる立場であり積み重ねる百恵ちゃん。身にとっては「百恵くん」ではなく、いつまでも「百恵ちゃん」であり、憧れであると一気に「身近な同級生」なのです。iPhoneにauから乗り換える

最近の雨の量の多いさは悪化すぎる

最近雨量しかない。どうしてこんなにも雨量なんだろう。

気象はたえず繋がるから弱るけどいつもよりも雨量の覆りみたいが最近半端ない気がする。
今日は午前にコンビニエンスストアに行き歩いてウォーキング一色で行ったんだけど、雨量は降ってなかった。だけど昼間頃になれば
充分降ってる。どうしてこんなにもという位で。
降りすぎて、先日は土砂崩れが起こるんではと言われてるくらいで非常に困った。
傘を差そうにも最近はビニール傘と徹底して要る。
最近は傘の模型をこだわるよりも傘が壊れるドキドキをしているから。
傘の模型を楽しみながら選ぶのは昔だけで本当に大人になれば責務などの方を考えて
模型なんか気にしないというんだよね。
雨量になりすぎて洗濯も参る。洗濯決めるにも最近は降りすぎて迂闊に外側に干せない。
かと言ってホール干しなんて無理だなと想う。
雨量の方が恋愛なんているのかな?こいつ最近のクエスチョン。
ほんとに些細なクエスチョンだけどね。けれどもまずなんでこんなたたきつけるんだろう。去年は意外と降ってたっけ?
去年はそこまで降ってないムードなんだけど。こいつ自分だけかな?(笑)
ここまで雨量の事態思うと来季どうして変わるんだろうって不思議に思うんだよね。
一層すでに降ってほしくないな。
雨量本体降りしきるのは捨て置くけど、日々ずーっと続けて降ってほしくないという。
これはわがままかな。笑
今日は傘が手元にあったから良いけど先日はびちょびちょに濡れたから、衣裳が皆洗濯往きでほんと困った。なぜこんなにも降るんだろうという最近の内面のクエスチョンですな。つくばで健康になりたい